---スクラップブッキング教室のアトリエEMMA---

★スクラップブッキングレッスンについて
開講してから10年以上の実績ある教室です。
出張やイベントなども含めると年間のべ1000人以上にご受講いただいております。

葛西、清新町、南砂町で開講中。
地方の方や、平日はお仕事で講習参加が出来ないという方向けに通信も行っています。
日程はBLOG左側に記載しております。
半年クールの事前予約制です。
初めての方は体験教室を受講してください。
日程や詳細、お申し込みはSHOPにて
http://emma.ocnk.net/
↑キットの販売などもしています。
地方の方や、平日はお仕事で講習参加が出来ないという方向けに通信も行っています。

次期(2017年3月からの半年間)講習・通信定員になりました。
ありがとうございました。
次回は7月頃募集開始予定です。
どんなお教室?システムは?こちらをご覧ください。 生徒様の声
アトリエEMMA FBページです。
EMMAデザインのダイや、カットデータ、キットなどを使って作った作品の写真募集中です!
BLOGではUPしていないこともUPしたりしています。
是非いいね!してくださいね。


LINE@はじめました
AtelierEMMAの最新情報をお知らせします。
友だち追加 http://line.me/ti/p/%40anb8150m キット、シート販売、イベント情報など発信していきます。
是非ご登録くださいね。

スキャンカットレポ その1
15_0301_01.jpg
巷で話題のscanNcut(スキャンカット)を購入しましたよ~
ということで使った感じとかレポします。
一応デモンストレーションにもいって色々聞いたりもしてきたのでそれを含めてレポを。
自分流な部分もあるので間違いなどあったらごめんなさい~。
すごーーーーーく長くなりそうな予感がこうやって書いてる今からしております。
あ、ちなみに私はメーカーの回し者でも販売員でもないのイチユーザーです。

どんなもの??って方は↓のメーカーブログをご参照~
http://www.brother.co.jp/product/hsm/cm/cm110/index.htm
見るのが面倒な方へ(笑)
プロッターって言って紙とかをカットする機械です。
この手のものは結構前から出てて、私も7年前にクラフトロボっていうプロッターを買って持ってます。
今回こちらを買う決め手はやはり時代の流れでめっちゃ進化してる!!
布も厚紙も切れちゃうの???ヤバイ!!!!
しかもプラバンもいけちゃうらしい~。
私の趣味を網羅してくれてるじゃないの!!!
です。クラフト好きにはたまらんマシンですね。

そしてこの機械のもう一つのすごいとこはスキャンした画像を自動でカットデータにしてくれる。
これ、すごいことなのよ。今までのものは自分でデータ作るか、それ用のデータをDLするとかしかなくてね。
DLも無料のものもあるけど、やっぱりオシャレなものは有料。
あとは内臓されてる書体なんかでタイトル作るとかそんな感じだったのです。
スキャンカット自体にも内臓されてるデータすごくいっぱいあります。
タイトルに使えそうなものとかいっぱいあるので、これだけでも結構重宝しそう。

ただ、この機能、結構危険かも・・・・という危惧も。
市販されてるタイトルステッカーとかもスキャンしちゃえば、
その形にデータ作ってくれて大量生産できちゃうじゃん・・・・
ましてや商品説明の写真とかで角度がついてない正面写真なんかもスキャンしてそのまま作れちゃう。
ダイのデザインとかしてる側としては、かなりおっかない機能です。
厚さ1mmくらいまでのものがスキャンできるそうなので、
それこそダイカットしたものとか譲ってもらってスキャンとかされちゃったら
あーた、こちとら商売あがったりだぜ。てね。。。。
これはユーザーのマナーとか常識に任せるしかないというオチしかないのかなぁ。

実は今後データの販売も考えています。
無料のデータも用意するけどね。
SB友達のランダさんに「販売もしたら?」と言ってもらって。
まったく考えてなかったんだけど海外ではすごくメジャーだそうで。
あとは自分デザインをカットしたチップボードの販売も予定しています。
こちらは動きだしたらまたアナウンスします。

と、前置きが長くなったので、どんどん進みましょう。
15_0301_02.jpg
はい。OPEN!!
思ったより付属品少ないです。
でもいっぱいあるとワケがわからなくなるし収納も大変なのでこのくらいが丁度いいかも。
これだけでやりたいことは全部できます。
あとはスキャンがきれいにできるマットとかカッターじゃなくてドローイングもできるのでそのペンとか別売りです。

スキャンカット本体自体はA4プリンターくらいの大きさかな。重さもたいして重くないです。
横も12インチ幅のものもカットできるのでそれなりの大きさ。
ただ、これはマットが前後に動いてカットするのでプリンターとは違って背面にもスペースが必要。
なのでパソコンラックに置いて作業みたいなのは出来ないね。
置場と相談って感じで私の場合は作業はダイニングテーブルで、使わないときは箱に入れて自分の部屋に置いておくってスタンスにしました。
まぁ箱に入れておいた方がホコリとかにやられなくて安全かも。

メーカーではオープン価格になってますが、だいたい50000円から54000円くらいの間かな。
正直可愛くないお値段です(笑)
でも今買うと5000円のキャッシュバックがあるのですよ。
買うなら今!!ってやつかなぁ。
まぁしばらく経てば安くなったりするかもだけど、欲しいと思った今買うのがいいかな。

あとは「これあればダイカットマシンとかダイ買わなくてすむよね~」
って意見も聞くのですが、私としてはダイにはダイの良さがあるかな~と。
厚紙カットできると言ったけど、デモに行ったとき色々試してもらってMAXで0.8mm。
1mmのものは抜けなかったです。目が詰まったチップボールだったのもあるかもだけど。
この0.2mmの差って実物触ると結構違いあります。
あと細かいデザインだと厚紙ではカット厳しい。
SIZZIXなんかのダイは厚紙抜けるのもあるし、私、厚紙抜くの好きなんで
やはりダイは手放せないなぁと思ってます。
あとダイは手軽だったり、PPの好きな柄の位置調整してカットできたりとか長所もあるし。

ただスキャンカットはあのクルクル作業からの肩こりが無いっていう最大のメリットが♪
私、毎回これにやられてるんですわ。
電動のとかあるけど、日本ではPL法かなんかの関係で販売できないらしく手に入らないし。

自分でデザインやデータを作れる人、DLデータを買う、無料のものを探せる人
ならばすごく重宝すると思います。
それからさっきのコピーの話とかぶりますがコピーとかはやめた方がいいと思うんで
自分の気に入ったデザインのダイは結局買ってしまうだろう~って思います。

あぁ~やはり長くなってしまったので、その1として一回ここで終わります。
次はいよいよカット作業だよ!!


アトリエEMMAのfacebookページです。

300いいね!いただきました!!ありがとうございます♪
プレ企画終了しました。今回は136ものエントリーいただきました。
ありがとうございました。結果はFBページにUPしてあります。
BLOGではUPしていないこともUPしたりしています。
是非いいね!してくださいね。

[2015/02/28 23:11] | scancut | page top
| ホーム |