クラフトロボ
0928_1m.jpg0928_2m.jpg0928_3m.jpg


クラフトロボを購入
せっかく絵を描けるということでオリジナルのダイカットを作りたい&
パンチ集めたらキリがない&かわいい書体での文字が欲しいというすべての欲求を満たしてくれそうなので
カッティングマシン Craft Robo


ロボってのがかわいい。

ようは自分で描いたデータをプリンタのような機械で
色んな紙やシートをカッティングしてくれるという機械。

前から欲しいなと思ってたんだけど、アマゾン様でかなりお安くなっていたことや、スクラップブッキングでかなり使えそうということで。
今までアイロンプリントなんかもチマチマカッターで切ってたんだけどこれがあれば細かい柄も簡単に切れてしまうの。
デザインの幅が広がりそうだわ~

イラストレーターのデータを読み込んでカットしてくれるので
普段からイラレ使いの私にとっては使いやすい。

で、早速使ってみました。
・切れ味や紙の調整なんかは結構難しい感じだけど慣れかな。
何枚か失敗こきました。

・細かすぎる柄や小さすぎるものは案外失敗する。

・精度を上げるとA4分切るのに10分近くかかる。

・A4サイズのみの対応で(A3対応は結構お値段高い)大掛かりなものが切れないのが残念。(SBの12インチ用のラインなんかは無理です)
ちなみにカッティングシートは長さ1mまでカットできる。

・音が結構大きい。
まぁ、昔のプリンターもそんな感じだったけど、夜中は出来ないかな。

・クイックカッツの文字って結構お高いよね。
ただ、その場で好きな文字を好きな色のペーパーですぐに抜ける!
というのは非常に便利なんだけど。
クラフトロボはPC立ち上げてっていうのがちょっと面倒かな。

まぁ結構イイ感じに仕上がりました。
スクラップブッキング以外にもイラスト関係の作品つくりにも使えそう。(来年は個展したいのよね・・・)

ただ、実際に自分で絵を描いたりとかオリジナルデータを作れない人には
あんまり必要ないし、楽しくない機械です。
ただ、漢字とか切り出せるのはイイかも。


[2007/09/28 02:19] | 道具&テクニック | page top
| ホーム |